センター概要


名称 公益財団法人大阪タクシーセンター
(平成14年4月1日 大阪タクシー近代化センターより名称変更)
所在地 大阪府大阪市鶴見区鶴見4丁目5番9号
代表者 会長 黑田 晶志
基本財産 1,000万円
設立 昭和44年12月5日
法律の施行 昭和45年5月19日 タクシー業務適正化臨時措置法
平成14年2月1日 タクシー業務適正化特別措置法
(タクシー業務適正化臨時措置法の題名等の改正)
平成20年6月14日
(タクシー業務適正化特別措置法の登録実施機関等の改正)
国土交通大臣の指定等
(運輸大臣)
昭和45年8月1日 指定登録機関・適正化事業実施機関
昭和45年8月19日 地理試験事務代行機関
平成20年6月14日 講習事務実施機関
平成20年10月21日 登録実施機関
設立の経緯
 昭和30年代から40年代前半にかけての高度経済成長により、産業と人口の都市集中が進み、所得水準の向上と相俟って、大都市においてはタクシー需要が大幅に増大しました。
 一方で、タクシー運転者の確保難からタクシーの供給不足が生じ乗車拒否、不当運賃請求などの違法行為の多発と粗暴な客扱いなどのサービスの悪化を招き、社会問題となっていました。
 昭和44年8月、旧運輸省(現国土交通省)は、こうした事態に対処するため、「大都市におけるタクシーサービスの改善対策」を策定しましたが、その具体的な施策の骨格をなすものが東京・大阪におけるタクシー近代化センター(タクシーセンター)の設立と、センターによるタクシー業務の適正化を図るための事業の実施でありました。
 公益財団法人大阪タクシーセンターは、昭和44年12月に設立され、翌45年8月、タクシー業務適正化臨時措置法(昭和45年法律第75号・現「タクシー業務適正化特別措置法」)に基づいて、タクシー運転者の指定登録機関・適正化事業の実施機関、並びに地理試験事務の代行機関として、大臣指定を受けて活動を開始いたしました。
管轄地域
 大阪タクシーセンターの管轄地域である特定指定地域は、タクシー業務適正化特別措置法施行規程により、大阪府下のうち下記の各市町の地域が指定されています。

・大阪市
・堺市(美原区を除く)
・豊中市
・泉大津市
・高槻市
・守口市
・和泉市
・箕面市
・門真市
・東大阪市
・島本町
・忠岡町
・池田市
・摂津市
・八尾市
・茨木市
・吹田市
・高石市
所掌事務
アクセス

センター近景

© 2017 公益財団法人大阪タクシーセンター All Rights Reserved.